女性向けのカードローン

はい。あります。カードローン会社には、学生向けや事業者向けなど、その人の属性に合わせた商品が用意されています。女性専用のカードローンもそのうちの一つです。女性に優しい工夫と配慮がなされているため、金利面がわずかに低めに設定されていたり、各種特典を用意しているなど、会社によって様々にあります。

 

もっとも大きな特徴として、電話やインターネットで受付・審査を行えることです。対応するオペレーターも女性に限られているため、優しい配慮がなされています。返済実績があれば下げてもらえる可能性はありますが、借入初回や借入直後であると難しいです。カードローンの利息、利率は定期的な見直しがありますので、交渉して下げてもらうことが可能になります。

 

一般的に一年以上利用していれば、再審査の対象になります。借入当初よりも収入が上がったり、他の借入を完済したなど条件を満たしていると、金利引き下げの見直しがされる場合があります。それはできません。基本的に勤務先へ、在籍確認は必ずされます。ただし、カードローン会社は電話口で「カードローン会社です」や「カードローンの審査のための確認です」と言うことはまずありません。

 

銀行と提携している会社であれば、銀行名でかけてきます。またクレジットカードの申込みでもこの在籍確認は行われるため、自分から打ち明けなければカードローンだと知られることはありません。あらかじめクレジットを申し込んだということにしておけば、何の問題もなく電話の取次を行ってもらえるでしょう。

 

年金であっても定期的な収入があるとみなされると、利用が可能になります。ただ、会社によっては定職に就いていないとだめだと言われるところもあります。年金暮らしの方は、高齢者が多いため“年齢”のところで返済リスクが高いとされます。カードローン会社では申込みの年齢上限を設けていて、そのほとんどが69歳以下となっています。

 

したがって、70歳以上の高齢であると借入ができなくなります。高齢者であると、新たな仕事に就いたり、仕事を増やしたりといったことが中々できなくなるため、カード会社も慎重を期すことがあります。もし申し込むのであれば、年金収入のみで完済できる返済計画をしっかり立てることが大事になります。

 

資金調達 方法