消費者金融系の事業融資もかなり頼りにできる

事業融資もしてくれる消費者金融(男性40代)

私が利用した消費者金融の事業融資は、銀行ほど高額な融資は受けられませんでしたが、しっかりと必要なものは購入できる金額を融資してもらえました。事業融資は基本的にしっかりと収入があり、信用もないと受けられないため、以前借金をしたことのある私は最初は少し不安でした。しかし、しっかり審査を受けて話ができれば消費者金融からも提供されている事業融資を受けられました

 

私の場合は面接で審査をすることになりましたが、借り入れをする理由や何に使うのがをはっきり伝えられたのですぐに審査に通過しました。借り入れたかった金額も100万円程度だったので、そこまで厳しくはなかったのかもしれません。消費者金融のサービスは最高でも500万円ほどのようですが、カードローンのように利用できるらしく今後可能性があれば増額もしてもらえるらしいです。もし、増額できれば400万円ほどかけて新しい設備を導入することもできるので、しっかり金銭管理もして、利益も十分に出していきたいです。

 

審査では会社の事業計画や毎月の収益、毎年の利益の伸び率もチェックされました。会社に可能性があるとなれば割りと手続きは難しくなく借り入れができるようなので、次の審査があるときにもしっかり参考にしたいと思っています。利用してみるまでは消費者金融の事業融資には不安がありましたが、今は返済も金利の設定にも満足しており、安心して利用できています。事業融資は消費者金融だけではなく銀行のサービスもあるので双方しっかりと比較してビジネスに生かせるようにしましょう。

 

少額の借入でも事業融資にするとよい

事業融資の魅力とは

事業融資はビジネスで必要になる資金を確保するのにぴったりなサービスです。もちろん借り入れできる金額も幅広く30万円から1000万円、大きいものでは1億円まで対応している場合があるのでかなり頼りになります。たいていは1000万円程度の借入になりますが、ちょっとした設備の購入であれば100万円程度でも借り入れができます。

 

あまり高額な借り入れでなくても利用できる事業融資があるので、色々なサービスを探して自分の事業に合ったものを活用しましょう。事業融資には、返済開始まで多少の猶予があるのも魅力の一つで、計画的な借り入れができます。返済までのプランを立てやすく、十分な利益が出てからの返済も可能なため、工夫して活用しましょう。

 

事業融資は審査も少し異なる

事業融資は審査に必要な情報もキャッシングやカードローンとは少し異なります。会社単位、法人単位で利用することになるため、会社の利益がどれくらいあるか、会社の資本金がいくらなのかもチェックされることがあります。事業で上げている利益や社員の数なども重要なポイントになるのでしっかりと情報をまとめておきましょう。

 

事業融資を検討する場合には、その審査内容についても工夫して安全に審査に通過できるようにしましょう。一度審査に落ちるとその評価が残ってしまって不利な状況になることもあります。確実に借り入れをしたい方は特に、融資担当者なども社内で用意して、十分に準備ができるようにしましょう。

 

審査時間には余裕を持とう

事業融資をしてもらうには審査時間に余裕を持たせることも大切です。急な出費にすぐに対応できるわけではないので、いついくらほど融資が必要になるのか、銀行に伝えられるかどうかも大切です。銀行にとっても審査に時間が必要なので、すぐにお金を用意してもらおうと思っても時間が足りないようであれば、信用を失って融資はしてもらえなくなります。会社側の都合もありますが、銀行側の審査の都合も考えて、申し込みをするようにしましょう。

 

審査にかかる時間は長くても1か月かかるので、十分な余裕を持たせて事業融資を行いましょう。実際に事業融資をしたことのある方に相談して、どれくらいの期間がかかったのかを教えてもらえればより計画を立てるのに参考にできます。会社内外の情報も頼りにしながら、最適な会社に申し込みましょう。