個人事業主でも頼りにできる事業融資

事業融資の難しさとアピールの仕方(男性30代)

私がやっている個人事業で使用する資金は、始めは事業融資を活用していました。そこまで高額な資金は必要なかったのですが、ちょっとした机や設備、コンピュータ類を購入するのには消費者金融が提供している事業融資で十分でした。何より銀行の融資は高すぎて利用できなかったので、審査でも通過しやすい消費者金融のサービスは便利でした。借入限度額は300万円までで、私個人の信用情報もチェックされましたが、会社の資本や利潤もチェックされ、その将来性も見ているような気がしました。

 

こうした資金は私自身が働いて集めても良いのですが、事業を円滑にすすめるには多少のリスクを覚悟して一気に道具を揃えて素早く行動したほうがメリットも大きくなります。アピールの際には、会社の情報も必要になるため、まずは起業している必要があります。私の場合は1回で合格できましたが、借り入れる金額が多くなるとその分審査は厳しくなるので気をつけておくと良いでしょう。審査の仕方も単純に書類で済むこともあれば、面接をして判断することもあるので、サービスによってしっかりどちらにも対応できるようにしましょう。

 

事業融資は返済期間が極端に短いものや、逆に返済開始までの時間が1年余裕を持ってもらえることもあります。その分金利が高くなってしまいますが、事業の成功まで余計なストレスを排除できるというのは嬉しいポイントです。賃料や仕入れ費用など流動費用に借り入れを使うのは危険ですが、設備に使用する分にはそこまで損失も出ないので手軽に使用できるようなコンピュータや机といった最低限のものを揃えるのには役立つでしょう。

 

一時的な設備資金としても活用できる

事業融資も便利になっている

事業融資とは、ビジネスで利用する借金のことです。会社を起業する時に受ける場合が有名ですが、新たに設備投資をするときや新しいプロジェクトの導入時に資本金の代わりとして活用することもあります。設備などはビジネス利用するものはかなり高額になる場合も多いので、会社のお金を使ってしまうよりは融資を受けて支払って導入するほうが短期的なリスクが分散できます。

 

何が起こるかわからないビジネスだからこそ、借金にも気をつける必要がありますが、すぐにお金を出しすぎてしまうのも良くないので、上手に活用すると良いでしょう。インターネットの発展で、従来よりも気軽に事業融資ができるようになっているので、一度検討してみても良いでしょう。

 

運転資金としても利用可能

事業融資を従来通り、ビジネスの運転資金として利用することもできます。その場合、借り入れる金額はかなり大きくなるため、銀行のサービスを利用すると安心できます。しかし、最高でも500万円以内で済むような小規模のビジネスをする場合には、消費者金融から提供されている事業融資を活用しても借り入れができます。

 

消費者金融の事業融資は金利面で不安が残りますが、審査面では可能性が高いので頼る価値があります。銀行のサービスで利用できないままいるよりは、消費者金融でも信頼できる会社を頼ってビジネスを迅速に進めたほうが良い場合もあります。

 

人材投資にもおすすめ

より優秀な人材を集めたい時にも事業融資は便利に活用できます。優秀な人材を一定の期間雇用してから正社員にする場合、その能力が十分かどうかは結果をみないと判断できません。いきなり契約してしまうと会社に不利益な場合もあるので、こうした資金は事業融資として借り入れた中から支払い、その人材が上げた利益から返済をするようにして優秀かどうかをチェックすることもできます。

 

本当に優秀な人材であれば、通常通りの返済、または予定よりも早く赤字を脱出するので、それが実現できた場合には正式に採用するというのも良いでしょう。人材を選別する時のバロメーターにもできるので、会社に大きな赤字が出ない範囲で有効活用するのも良さそうです。